就職活動とは

 

就職活動とは別名「就活」とも呼ばれ、正社員または派遣社員、契約社員などとして職業に就くため行われる活動のことです。高校生や専門学校生、既卒者などさまざまな年代の方が就職活動を行いますが、本記事では最も一般的な大学生の就活の流れについて紹介致します。

大学生の多くは、三年生の春~秋に就職ガイダンスと呼ばれる説明会に出席します。四年生になってからでは準備が遅れてしまう可能性もあるため、早めのスタートが大切です。就職ガイダンスではまず自分がどの業界で働きたいか、どの分野に興味があるかを考えます。

次に、就職したい業界が決まったら自己PRを考えます。面接などの選考に関わる重要な部分ですので、自分はなぜその業界を選んだか、自分の能力をどのように活かせるかを考えましょう。

興味のある企業が絞り込まれたら、会社のホームページで募集要項を確認し、就職サイトや就職情報誌などからその会社へ資料請求を行い、別途エントリーを行います。エントリーをすることによって初めて「御社に興味を持っています」という意志が伝わります。

そして、エントリーを行った企業からはエントリーシートの提出を求められます。エントリーシートとはいわゆる学生の履歴書のことで、企業それぞれに独自の書式やフォーマットを持っています。志望動機を記述する欄は必ず設けられていますので、ここでしっかりと自己アピールを行うことが大切です。

また、エントリーシートの提出とは別に会社説明会やセミナーが開かれます。企業が学生に対して会社概要や仕事内容などを説明するイベントで、説明会に出て始めて企業の特色が把握できるほか、説明会の中で筆記試験や面接が兼ねられる場合があります。

<関連サイト>
就職活動はこちらのような求人サイトからも行うことが出来ます。転職活動にも役立ちます → 求人

 

Copyright © 2014 就職活動をはじめるなら知りたい事 All Rights Reserved.